FC2ブログ
Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒空

kuchinasi640.jpg

きのうは珍しいほどに好いお天気で、滅多に手につけない家具洗いなどして満足だった。

今あるものを大切に使わず、入用になれば新しい物を買うという私だが、家の隅々を探せば再利用できるものはいっぱいある。
物を捨てることも大事だが、きれいに再生して使うという考えも必要だなと思うこのごろ……。


午後からは複数の人と電話で話をした。

最後の〆は夕方掛けてきた娘との話しだったが、その時にはほとんど力尽きていた。

最近はお喋りして喉を使い過ぎると、血圧が上がったり動悸がしたりする。


犬は寒くても散歩に行きたがりうずうずしているようなので、天気が悪い日には庭に出して自由にさせることにしているが、散歩に行かないのなら玄関に入れてくれとばかり戸をとんとん叩く。


**
きのう電話を下さった方から、主亡きあとの私の気持の持ちようについて貴重なアドバイスをいただいた。

自分を変えることはとても難しいことだが、聴く耳を持つということが大切だ。

一度に沢山のことは脳に詰め込めないが、行き詰って思い悩んだとき思い出して自分に言い聞かせようと思う。



――反省したことの一つに、過去の自分の境遇のことを否定的にとらえないこと。

亡き人の生前の行動の一つでさえも、自分の思い方次第でプラスにもマイナスにも方向付けできる。


私は100パーセント満足しなければ、残りの負を拡大して考え、それを固定してしまう癖があるようだ。

よく言われる譬え話だが、コップに水があって、残り少ない水を見て、「まだこれだけある」と思える人と、
かなり水があるのに、「もうこれだけ減ってしまった」と考える人とがいる。

私は完全に後者のほうだ。


そういう物の考え方をする人の話を聴いていると、みな不愉快になるらしい。

あれもこれもかなり揃っているのに、まだ満足していない傲慢な奴だと思われるようだ。


最近そんなことを感じられていることを意識することが時々あるので、あまり自分の気持を吹聴しないようにしているが、まれに話しているときその片鱗が見え隠れするらしい。

娘と話していると、うまく言い含めて励ましてくれるが、一生懸命がんばって生活している娘に甘えたことをいうべきではないなと改めて思った。

身体の不調のときの物事の捉え方は負の方へ行きがちなので、そんなときにはあまり物を言わぬほうがいいだろう。

スポンサーサイト

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。