FC2ブログ
Welcome to my blog

折々の記

archive: 2012年09月  1/6

鞠子の奇怪な回顧録

No image

その1わたしの名前は氏家鞠子。これから昔むかしの記憶を紐解いてふしぎなお話をお聞かせしましょう。私が梨子さんと出会ったのは大学に入学した初め頃でした。18歳の時音大のピアノ科を目指していましたが、突然の病に倒れ、その後数年経って実家から近い大学の英文科に入学しました。最初借りた家は市内の大通りにあり、神経がまだ過敏だった私は車の騒音で眠れなくなりました。そこで入学早々一時的に近くの病院へ入院し、大...

  •  0
  •  0

うつろい20・心模様

No image

「心模様」 胸さわぎのあとに よろこびが訪れる 喜びのあとに わびしさが訪れる 賑やかな この心模様 なぜなの?...

  •  0
  •  0

うつろい19・四万十川の青春

No image

「四万十川の青春」 日本一の 清流四万十川 透き通る水面の 白いしぶきの中に ボクサーパンツのまま 飛び込んだきみ 白い川砂を踏んで 長い脚がつけた足跡 早くおいでよ 振り向いて弾けた笑顔 追いかけて 腕を絡ませて いつまでも一緒ね きっとよ 今もときめいている この胸の中に --*--「清流四万十川」笹峰霧子...

  •  0
  •  0

うつろい18・赤い糸

No image

「赤い糸」 赤い糸が 細くなったり 太くなったり そのたびに ブランコのように ゆらゆら揺れて涙が毀れたり 笑顔が弾けたり でも ながーいながーい 糸は ずっとずっと いつまでも 切れないよ 魂があの天空で 結ばれてるのだから 「赤い糸」...

  •  0
  •  0

うつろい17・念じる

No image

「念じる」 人は忘れたいと願えば 必ず忘れることができる 人は愛したいと願えば 永久に愛することができる 人は縁を繋ぎたいと願えば 末長く縁を繋ぐことができる だから 人のねがいは 必ず叶えられることを 信じよう そして 自分の中の心を みつめていよう 良いとか悪いとか それよりも 自分の願いを みつけよう 運命は念じるままに 具現化される いまのきみ 何を願っているのだろう...

  •  0
  •  0