FC2ブログ
Welcome to my blog

折々の記

category: 追想  1/1

うちに居た猫たち

https://www.flickr.com/photos/nagoyacamera/8682913045漢字一文字【猫】をテーマに書いた作品三十年あまり前のことになるが、うちには猫が三匹いた。二人の子供は物心ついてからずっと猫を欲しがっていたが、部屋が汚れるからと飼うことを許さなかった。でも彼女らが小学生になりひょんなことから黒い猫を飼うことになったのである。名前は*みゆき。とてもよくできた猫で大人しく生きていたが、成猫してからみゆきは一匹の白い雌...

  •  0
  •  0

谷間の花

携帯撮影小高い山の公園からすこし下りると谷間がある予定通りやはり今年も咲いていたまひるまの光が何パーセントか薄まってまだ固い蕾をつけた桜の木々のその中央にはまるで竜宮城のように華やかな紅と白の梅の花が爛漫と咲いているほとんど人を見ないしんとした空間でひとり花見を味わう醍醐味待ち侘びて毎年来るこの場所花見をしながら途中で買ったおにぎり弁当をたべたゆっくり流れる時間を急かす何者もいないわけだしおしゃべ...

  •  0
  •  0

白い灯り

photo by S.Hashizume目のまえになにも見えなくなるときがあるそれは絶望でもなく歓びでもないが希望でないことは確かだときたまこういう気分になるのはいつもおなじ状況のとき……ひとの幸せを見たり聞いたりして共によろんでいたあとにいいなあという思ひが次第に自分を惨めにしていく取り残されたような気分が胸いっぱいひろがってなにも考えないようにしようと無意識にいやいや意識的に必死で決意するそしてすこしだけ貯めこんで...

  •  0
  •  0

私には見える風景

暦の上では春。四国の南の地方には暦の上だけでなく、まさしく春が来ている。雨が降る日には寒くて厚手のコートと毛糸の帽子、マフラーを巻いて出かけるが、軒並みに咲いている白と紅の梅の花は爛漫と咲き誇っている。うちの庭の梅三本の花も満開で、今日は雨に濡れている。剪定師が枝の先を切って築山の木のように形を整えているが、私はこういう切り方は好きではない。枝の先が自由に伸びて自然な感じで咲いている梅の花のほうが...

  •  0
  •  0

昭和の映画を観て

スカパーで有料の邦画チャンネルを受信している。毎月お金を払っている割にはあまり観ないのだが、今日は録画していたものを見た。山村ソウという俳優が主演で、若い時からえぐいおじさんという感じが嫌いだったが、今見ても同じ感覚になった。主人公を取りまくのは、今はかなり年をとっているがそのごく若い頃の有名な女優さんだ。たいして興味もないまま観ていたら、いつの間にか昭和に返っていた。自分の昭和時代、特に二十歳(...

  •  0
  •  0