FC2ブログ
Welcome to my blog

折々の記

Index

231: 再開テスト

暫く休んでいたブログなので試行してみます

  •  0
  •  0

230: 人の一生

最近腰痛で苦しんだせいか、来し方や行く末

  •  0
  •  0

229: 眠りから覚めたブログです

毎年もっと遅いのに、昨日庭を歩いていたら

  •  0
  •  0

227: 本日よりブログの内容の変更をします。

今日は設定を変更しました。時々その日の心

  •  0
  •  0

226: 寒いのに鶫が来た

いつも桜の木に止まっている少し大きめの小

  •  0
  •  0

225: 腰が痛い

先日はどうにか車を運転して梅祭りに行った

  •  0
  •  0

224: 楽しい一日でした

去年から今年にかけて忙しいだけの日々が続

  •  0
  •  0

223: 曇天の師走

今日は朝から曇天で風が強い。午前中にスー

  •  0
  •  0

221: 小さな忘年会

私はどこにも所属していないので本来なら忘

  •  0
  •  0

220: 良いお天気でかなり歩いた

自宅からこの神社まで歩くのは大変なことだ

  •  0
  •  0

219: あらかた落ち着いた

日常的に外出する回数が減り自分らしい日が

  •  0
  •  0

218: 昨日はIEで大変混雑した

気温もぐんと低くなった。昨日は朝と夜の食

  •  0
  •  0

217: 雨降りで家に籠る

朝から雨でパソコンばかりしている。久しぶ

  •  0
  •  0

216: 今日は色々なことがあって自律神経興奮

ショックを受けたり、複数の人と交わって緊

  •  0
  •  0

215: 冬桜を見に行ったのだが

昨日は予定していた冬桜を見に、山合いへ行

  •  0
  •  0

214: 海へ

毎日何か写真を撮る。昨日は久しぶりに新し

  •  0
  •  0

213: pianoの調律

ピアノの調律を思いついて予約日の今日調律

  •  0
  •  0

212: ブラッドオレンジ梅酒

先日田園の街の道の駅Mに行ったとき、FB

  •  0
  •  0

210: 冬のひまわりを見たさに

真っ青な空に千切れ雲が浮かぶ穏やかな秋の

  •  0
  •  0

209: 仏事 叔母ちゃんI

Iおばちゃんの通夜 11.9 p.m6:00葬

  •  0
  •  0

208: 11月入り

今月の会食は天赦園食事処。嵯峨野は別名に

  •  0
  •  0

207: 台風22号が去って秋晴れ

このところ特に外出はしておらず、晴れた日

  •  0
  •  0

206: 同級会おふく

昨日はMさんが横浜から来たので集まった。

  •  0
  •  0

205: いろいろな贈物

バーチャルの中で素敵なおくりものをもらっ

  •  0
  •  0

204: 娘が帰って一泊

ミャンマー駐在員としてあちらで単身生活を

  •  0
  •  0

203: 野紺菊

まだ草引きをしていないので露草や蔓草が混

  •  0
  •  0

202: 白い彼岸花

庭のあちこちに白い彼岸花が咲いている。去

  •  0
  •  0

201: 彼岸花

午前中珍しく旧友が立ち寄ってくれた。何年

  •  0
  •  0

200: この数日

色々なことがあった数日だった。台風直撃は

  •  0
  •  0

199: いよいよ秋

大型台風が難なく過ぎて秋の訪れを感じてい

  •  0
  •  0

198: 台風四国上陸を待つ

大型台風が来ると騒いでいる。台風は今九州

  •  0
  •  0

197:

9月に入っても残暑があって日中は籠る日が

  •  0
  •  0

196: とみちゃんが亡くなった

退院を心待ちしていたとみちゃんが急逝した

  •  0
  •  0

195: 野紺菊が咲き始めた

美容院の予約が午後1時半だったのでそれま

  •  0
  •  0

194: 昨日と今日のこと

昨日はp.m1:00~4:00まで停電だったので12

  •  0
  •  0

193: 停電

今日30日は停電との知らせは受けていました

  •  0
  •  0

192: 8月27日選挙

昨日は市長選と市議選に投票した。暑い午後

  •  0
  •  0

191: 安森洞流しそうめん

美容会の皆さんと流しそうめんへ行った。疲

  •  0
  •  0

190: 暑い夏の必需品

暑いのでほとんどの時間は家の中で過ごしま

  •  0
  •  0

189: パソコンのスピーカーを替えた

ブログに貼る曲のボリュームが細かったのを

  •  0
  •  0

188: 今朝の畑

今朝畑を観たらプリンスメロンが二個なって

  •  0
  •  0

187: 今朝SNSで見た動画

SNSでこんな動画を見た。

  •  0
  •  0

186: 成川渓谷

8月13日お盆の入りにはキャンプ場は沢山の

  •  0
  •  0

185: 西瓜が一つ生っている

昨日の朝菜園の草の中に西瓜が生っているの

  •  0
  •  0

184: 百日草が咲いた

己生えの百日草が咲き始めた。

  •  0
  •  0

182: 午前中の行動

Photo by Frickr”Cuba Gallery”朝早く出か

  •  0
  •  0

181: 諸々考えること

屋敷内の白い百日紅が一杯蕾をつけていて花

  •  0
  •  0

180: 台風九州上陸

photo by Frickr's photostream” Kero*”台

  •  0
  •  0

177: 台風接近で雨

今日も雨が降っている。午前中11時ごろ頑張

  •  0
  •  0

176: 珍しい花

一日中雨がぼそぼそ降っていた。部屋の中は

  •  0
  •  0

174: 久しぶりにジムへ

今日も暑かったが久しぶりにジムへ行った。

  •  0
  •  0

173: 蒸し風呂のような外気

今日も外に出ると歩けないほど暑い。午前中

  •  0
  •  0

172: 熱射の日々

暑い日が続き毎日冷房の部屋の中で暮らして

  •  0
  •  0

171: 祭りの夕方

お祭り最終日です。百日紅の花が次々と咲い

  •  0
  •  0

167: H29.7 ブログ再開

長い間更新しなかったブログですが、この度

  •  0
  •  0

163: 時を刻む

群青10月の課題漢字一文字【山】をテーマ

  •  0
  •  0

161: うちに居た猫たち

https://www.flickr.com/photos/nagoyacame

  •  0
  •  0

160: たゆたう

群青6月の課題漢字一文字【水】をテーマに

  •  0
  •  0

159: 人生残りの貴重な時間

群青5月の課題漢字一文字【残】をテーマに

  •  0
  •  0

158: 結婚という足かせ

photo by 写真集 足成この短編小説は投稿

  •  0
  •  0

157: わが子への想念

(c) .foto project私は家族の中で仲裁が全

  •  0
  •  0

156: こころの嵐

群青4月の課題漢字一文字【嵐】をテーマに

  •  0
  •  0

155: これからの暮らし

最近引っ込みがちの暮らしで友人らと会うこ

  •  0
  •  0

154: 春愁

群青3月の課題漢字一文字【春】をテーマに

  •  0
  •  0

153: 苦の道を生きる

来し方これまで、その原因はさまざまだけど

  •  0
  •  0

152: ちょっと過剰反応

ここ数日胸が痛むような心境で過ごしていて

  •  0
  •  0

151: 縺れ合う弱い糸

けっしてそういうことが上昇志向ではないと

  •  0
  •  0

150: 飽く

誰かのブログの冒頭に、「もう仕組まれた疑

  •  0
  •  0

149: 心に染みついたもの

今日はお彼岸で、生家で隣だった旧知の方が

  •  0
  •  0

148: 味加減

最近のことだが、自分自身のことでも、何ら

  •  0
  •  0

147: 光さす未来へ

「時空モノガタリ」コンテストテーマ『太陽

  •  0
  •  0

146: ポエム・二行の展開

先日ぶらりと大型スーパーまでドライブし、

  •  0
  •  0

145: 夢子の居場所

「時空モノガタリ」のコンテストテーマ『勇

  •  0
  •  0

144: 春の宵

http://www.flickr.com/Yu*Ri's photostrea

  •  0
  •  0

143: 春の山

昼下がりに犬を連れて散歩をする。前方に見

  •  0
  •  0

142: 谷間の花

携帯撮影小高い山の公園からすこし下りると

  •  0
  •  0

141: きかんぼう

http://www.flickr.com/photos/cubagallery

  •  0
  •  0

140: こころサーフィン

photo by S.Hashizume最近電話以外に話しを

  •  0
  •  0

139: 華のエナジー

http://www.flickr.com/photos/hazsco/遠い

  •  0
  •  0

138: 小説投稿サイトへの願望

http://www.flickr.com/photos/ikko_log/お

  •  0
  •  0

137: 宿命

photo by Barman Farzadhttp://www.flickr.

  •  0
  •  0

136: 白い灯り

photo by S.Hashizume目のまえになにも見え

  •  0
  •  0

135: 私には見える風景

暦の上では春。四国の南の地方には暦の上だ

  •  0
  •  0

134: みんなおなじ

大切なともだちは自分の権利できちんと選ぶ

  •  0
  •  0

133: 意外に遠慮しいな自分

自分は変な所でしりごみするというか、遠慮

  •  0
  •  0

132: 話す相手

最近けっこう再々電話を掛けてくるお爺さん

  •  0
  •  0

131: 最近の自作への雑感

photo by S.Hashizumeこの間投稿した現代詩

  •  0
  •  0

130: 庭のティータイム

今日の気温は16℃。室温は暖房なしでもそ

  •  0
  •  0

129: 目指している心境

photo by S.Hashizumeこれまでずっと自分以

  •  0
  •  0

128: ことしの創作鑑賞

これまでずっと自分の作品を書くだけで精い

  •  0
  •  0

126: 心を感じる

けさわけもわからず物憂いとき、ブログや詩

  •  0
  •  0

125: 昭和の映画を観て

スカパーで有料の邦画チャンネルを受信して

  •  0
  •  0

124: そんなもん

http://www.flickr.com/photos/hikonosuke-

  •  0
  •  0

123: 精神状態

いつもほぼ同じような一日の時間を過ごし夜

  •  0
  •  0

122: 私がわたしでなくなった日

http://www.flickr.com/photos/masamune/群

  •  0
  •  0

121: 年明けて三日目

あなたの家の正月はひっそりと過ごすのがい

  •  0
  •  0

120: 今年最後の想い

いよいよ明日娘の一人とその子供(孫)がこ

  •  0
  •  0

118: 今日も晴天なり

三日続いて好い天気。お墓へ行かなければと

  •  0
  •  0

117: 年の暮れの感慨

朝から好いお天気だったので家仕事をし、午

  •  0
  •  0

116: 遠いひと

武子がその電話を受けたのは平成24年の七

  •  0
  •  0

115: 近距離

  •  0
  •  0

114: 私とつながる人

59歳で主が倒れるまで、生活の大切なこと何

  •  0
  •  0

113: 今年の終わり寿命の終わり

群青12月の課題漢字一文字【終】をテーマ

  •  0
  •  0

112: さむいさむい

http://www.flickr.com/photos/wbyfish/外

  •  0
  •  0

111: 冬の暖房

http://www.flickr.com/photos/hades/12

  •  0
  •  0

110: 夕暮れの哀愁

若い頃から夕暮れが嫌いだった。山の麓にあ

  •  0
  •  0

109: 雑居家族

月色の飴を舐めたウコンだよとか檸檬だよと

  •  0
  •  0

108: 銀河の中の星の子

Flickr:badsmaru's Photostreamわたしがハ

  •  0
  •  0

107: ひとつのコラム

笹峰霧子制作忙しい忙しいの電話での話がつ

  •  0
  •  0

105: 寒空

きのうは珍しいほどに好いお天気で、滅多に

  •  0
  •  0

104: 南国の極寒

南の地方としては極寒と思える寒い日のきの

  •  0
  •  0

103: 生協とそのご縁

訪問勧誘されてコープ生協に入会することに

  •  0
  •  0

102: 懐かしい声

年賀状欠礼のはがきを出していたもんだから

  •  0
  •  0

101: わたしは他人

不幸じゃないけど薄幸だときみはぽつりと言

  •  0
  •  0

100: 秋いろの花たち

すこし具合が悪くて臥せっていたら傍に誰も

  •  0
  •  0

99: 健康とおひとりさま

身体が元気な時は、独りでいても何でもでき

  •  0
  •  0

98: 年末の情報

耳から入る情報に気分を左右されることが多

  •  0
  •  0

96: 風評

群青11月の課題漢字一文字【非】をテーマ

  •  0
  •  0

95: その過程の感情

結果は何も変わらず何一つ思い煩うことはな

  •  0
  •  0

94: 肝っ玉かあさん

男でも女でも肝っ玉が据わった人、好きです

  •  0
  •  0

93: 落ち着かない日々

けさは雨が降っていた。セコムの画面をぽん

  •  0
  •  0

92: 記憶

微かな記憶を辿り小高い山へつづく路地をゆ

  •  0
  •  0

91: 生活のひとこま描写

なんとのんびりした暮らしだろう。今年の五

  •  0
  •  0

90: 眠たくない症候群

眠れないというのではなくて、寝たくないと

  •  0
  •  0

89: 真夜中のたわごと

他人の書いている文章のなかに、ひときわ優

  •  0
  •  0

88: 子供って大人って

子供っぽいと言われたたった三つしか違わな

  •  0
  •  0

87: たった一つの愛

夜毎の湯浴みのとき込み上げる思いを打ち消

  •  0
  •  0

86: 朝の一筆

数日前に重たい家具を移動したせいで肩の筋

  •  0
  •  0

84: 改めて反省したこと

「多くを語らない」という表題で書かれたブ

  •  0
  •  0

83: 幸せの寂寥

黄昏時刻の音連れににわかに寂寥感が拡がる

  •  0
  •  0

82: 黄昏る日

この数日ずっと台風情報が流れていたが、夕

  •  0
  •  0

81: 立ち入り禁止

自分から縁を切っているいつも何かの理由で

  •  0
  •  0

80: きまぐれ

ときどき赤い嫉妬ときどき青い憂鬱ときどき

  •  0
  •  0

79: 平均値

他人(ひと)と比べる必要はないとひとは言

  •  0
  •  0

78: おだやかなひと

最近ひとと会ったり電話で話したりすると、

  •  0
  •  0

77: 私のブログ

昨日はキャンプ場にもなっている山奥までド

  •  0
  •  0

76: もののけの愛

ほのぐらい穴倉からやっと飛び出せたものの

  •  0
  •  0

74: 閉ざされた扉

http://www.flickr.com/photos/ohmo73/phot

  •  0
  •  0

73: あさの元気

日中の暑さは真夏日と変わりないのに、秋と

  •  0
  •  0

71: 自分の在りか

群青10月の課題漢字一文字【無】をテーマ

  •  0
  •  0

70: 秋…、もの思うとき

ひとと交流する際、相手方からのいろいろな

  •  0
  •  0

69: 非日常の四泊五日

四泊五日の神戸滞在で帰ってきた。ずっと好

  •  0
  •  0

68: 詩の感想

自分の心を奥深く見つめて祈りにも似た想念

  •  0
  •  0

67: おばけ

ずいぶん昔のおばけに遭遇したもんだ私の記

  •  0
  •  0

66: 語らい

**私には時間がないのついこの間まで夢ばか

  •  0
  •  0

65: 雨の音

http://www.flickr.com/photos/cubagallery

  •  0
  •  0

64: 茫漠の彷徨

群青8月の課題漢字一文字【漠】をテーマに

  •  0
  •  0

63: やさしい風

群青7月の課題漢字一文字【 風】をテーマ

  •  0
  •  0

62: 慈しみ

群青6月の課題漢字一文字【 慈】をテーマ

  •  0
  •  0

61: 色と精神

群青5月の課題漢字一文字【 緑】をテーマ

  •  0
  •  0

60: 狭間

群青4月の課題漢字一文字【 始】をテーマ

  •  0
  •  0

59: 桜が咲いて迎える日

群青3月の課題漢字一文字【 準】をテーマに

  •  0
  •  0

58: 自分のやり方

群青2月の課題漢字一文字【 愛】をテーマに

  •  0
  •  0

57: 精神を生かす

群青1月の課題漢字一文字【 望 】をテーマ

  •  0
  •  0

56: 『遊び』

群青12月の課題漢字一文字【 遊 】をテーマ

  •  0
  •  0

55: 使命

群青11月の課題漢字一文字【文 】をテー

  •  0
  •  0

54: 一杯の茶など

藪北木曾次の丸太小屋に種子という女が訪ね

  •  0
  •  0

53: 鞠子の奇怪な回顧録

その1わたしの名前は氏家鞠子。これから昔

  •  0
  •  0

52: うつろい20・心模様

「心模様」 胸さわぎのあとに よろこびが訪

  •  0
  •  0

51: うつろい19・四万十川の青春

「四万十川の青春」 日本一の 清流四万十川

  •  0
  •  0

50: うつろい18・赤い糸

「赤い糸」 赤い糸が 細くなったり 太くな

  •  0
  •  0

49: うつろい17・念じる

「念じる」 人は忘れたいと願えば 必ず忘

  •  0
  •  0

48: うつろい16・シアワセ

「シアワセ」 庭に咲く花は いつかは枯れ

  •  0
  •  0

47: うつろい15・うれしい手と手

「うれしい手と手」 心がさびしいときは ふ

  •  0
  •  0

46: うつろい14・恋の悪戯

「恋の悪戯」 きみは恋をしているの? 恋は

  •  0
  •  0

45: うつろい13・扉

「扉」 ようやく読めたあの小説 今まで怖く

  •  0
  •  0

44: うつろい12・言葉のニュアンス

「言葉のニュアンス」 コトバは遣いよう

  •  0
  •  0

43: うつろい11・つらなり

「つらなり」 ネット出版の本をみた 自分の

  •  0
  •  0

42: うつろい10・解放へ

「解放へ」 もういいでしょ もうこのへんで

  •  0
  •  0

41: うつろい9・デマを飛ばすヤツ

「デマを飛ばすヤツ」 戦時中にはデマが行

  •  0
  •  0

40: うつろい8・大切なあなた

「大切なあなた」 あなたがあなたでいられ

  •  0
  •  0

39: うつろい7・君がもし

「君がもし」 きみがもし 僕と未来永劫の

  •  0
  •  0

38: うつろい6・いつわり

「偽り」 千切れるほどの愛を 忘れたいとい

  •  0
  •  0

37: うつろい5・空の向こう

「空の向こう」 こんなに幸せなのに もっ

  •  0
  •  0

36: うつろい4・言葉

「言葉」 重ねてきた言葉の いちページを

  •  0
  •  0

35: うつろい3・そのままで

「そのままで」 最後の言葉を  忘れない

  •  0
  •  0

34: うつろい2・恋の予感

「恋の予感」 静かな暮らしのなかで 何を

  •  0
  •  0

33: うつろい1・崖

「崖」 けわしい崖を登って行くんだね もう

  •  0
  •  0

32: ふしぎな叔父さんとその直系

その1 わたしには噂にしか聞いたことのな

  •  0
  •  0

31: 緑色のカーディガン

*この作品は携帯ドコモの創作サイト「エブ

  •  0
  •  0

30: いつわり

うれしいことや楽しいことしか口にしないと

  •  0
  •  0

29:

無の中には何もないけれど有の中にはこんな

  •  0
  •  0

28: しんみりと会話

「ねぇ、あなた。このごろお隣のひとちょっ

  •  0
  •  0

27: 楢山節考を見て母を思う

最近昔の邦画がテレビで次々放映されるよう

  •  0
  •  0

26: 立ち上がる

人は生きている限り突然思いがけないことに

  •  0
  •  0

25: 呉越同舟

その1うちほど仲の悪い同居人はいないので

  •  0
  •  0

24: 平成まで生きた女医の生涯・9(最終章)

26章 美有と玲孫の美有と玲は20代も半

  •  0
  •  0

23: 平成まで生きた女医の生涯・8

23章 晩年ミチは圭介が留学を終えてドイ

  •  0
  •  0

22: 平成まで生きた女医の生涯・7

19章 圭介の進路圭介は中学校を卒業後、

  •  0
  •  0

21: 平成まで生きた女医の生涯・6

17章 ミチの不安そのころミチは将来のこ

  •  0
  •  0

20: 平成まで生きた女医の生涯・5

14章 再び田舎へミチは体調が悪い状態で

  •  0
  •  0

19: 平成まで生きた女医の生涯・4

10章 圭介の成長圭介を連れて実家に戻っ

  •  0
  •  0

18: 平成まで生きた女医の生涯・3

6章 ふるさと閉めきった暗い四畳半の座敷

  •  0
  •  0

17: 平成まで生きた女医の生涯・2

4章 上京父寅治がミチに自分の決意を伝え

  •  0
  •  0

16: 平成まで生きた女医の生涯・1

1章 家族明治42年。ミチは醸造業を営む

  •  0
  •  0

15: 英樹

その1英樹が生まれたのは昭和十八年。山合

  •  0
  •  0

14: 真夜中の訪問者

その1日中のうだるような熱気がおさまりつ

  •  0
  •  0

13: 愛の領域

その1敏行と映子が結婚するのはもう時間の

  •  0
  •  0

12: 疑惑

その1 桂子が亜紀と知り合ったのは桂子が

  •  0
  •  0

11: 二万円の魚

わたしの地方は西から南の方へと内海が拡が

  •  0
  •  0

8: 虎になった男・第三編

その1 凛子が夢うつつの中からはっきり目

  •  0
  •  0

7: 虎になった男・第二編

その1 凛子が虎になった男との暮らしに決

  •  0
  •  0

6: 虎になった男・第一編

その1 元は人間だった。 それも、とても温

  •  0
  •  0

5: 肉食系男子

その1わたしは結婚式の披露宴の時、お仲人

  •  0
  •  0

4: より子と少女

一章出会いわたしの名前はより子。小学校の

  •  0
  •  0

3: 摩子

その1静香が摩子と再会したとき、摩子はも

  •  0
  •  0

2: 作品のご案内

今朝撮りの庭の隅のphotoです。トップペー

  •  0
  •  0

1: ドアノブ

今から十五年ほど前になるだろうか。そのこ

  •  0
  •  0